わらべ教室・わらべスクール

学校現場では、学習指導要領の度重なる改訂で、低学年のうちから、「できる子」、「できない子」を生み出しています。学力の低い子はきまって、低学年の時につまずきを起こし、それがあらわになるのは小4年から5年にかけてです。近年、祝祭日の増加で、学校の休日が多くなりました。学校の学習だけでは、当然、学習量は足りません。子ども達に学習する姿勢と、しっかりとした学力の土台を身に付けるためには、家庭学習(家庭塾)が必要となります。

わらべ教室は、「自学自習ができる子」「ねばり強く考える子」を育成することを目標としています。

自分で考えて、問題を解くことができるようになった子ども達は算数・数学が好きになります。チャレンジ問題を自分で解けた時の達成感は、子ども達の目を輝かせ、学習意欲を増大させます。

指導は少人数制! 生徒数が10人以上になると、2人の講師が担当します。講師に質問しやすい学習環境の中で、「自学自習ができる子」「ねばり強く考える子」を育てていきます。

読み、書き、計算の実践

読む力学力を獲得する前提条件であり学力の上限を規定する。読む力抜きには、一切の学力は獲得できない。

書く力は学力の指標である。正確でしかも敏速に課題をやりとげる高い学力の子どもは、書く力も水準以上のものを持っている。

計算力を伸ばすことは、学力全体を引き上げる上で牽引車としての機能を果たす。

授業内容(低学年用)1年生~3年生 授業時間1時間45分

※1年生は、90分をプリント取り組み時間としあと15分で音読、俳句カルタ等を楽しみます。

国語

〇新出漢字プリント/読解プリント・・・45分
3年生以上は「漢和辞典」を使用。部首、読み方等を調べます。 

〇漢字書き取りテスト   ・・・・・・(2年生から行います)

〇書写、または、視写 

〇文章読解

〇音読          ・・・・・・10分 
(諺、俳句、古典、名文)

※音読は言葉の力をつけ文章の暗唱につながります。暗唱は言葉を確かなものにし、脳の力を高めます。

算数                             

〇百マス計算(1年生後半から)・・・・・・10分

〇算数プリント取り組み    ・・・・・・40分

<指導形態>

①本日学習することの解説。

②各自、自学自習でプリントを進める。

※分からない時は、手を挙げて質問する。

料金

授業料   8,800円 (税込み プリント代を含む) (令和3年度)
新1年生教材
読本代(購入時のみ) 「音読集第一集」(読み方本含む)   1,800円
ワーク代      「硬質文字練習帳」           500円
「あい・シンク」                     1,400円
教材費(入会時のみ)  (バインダー、シール台帳他)      1,250円
                           計 4,950 円
入会費    3,000円(幼児クラスからの進級者は必要ありません)
※2年生は国語ワークのみ、3年生~6年生は算数・国語ワークも使用します。
別途ワーク代が必要です。

わらべ教室 小学生クラス 令和3年度の授業曜日

曜日学年教室授業時間
月曜日4年生2F16:30~18:30
火曜日中学英語準備クラス2F17:00~18:10
水曜日1・2年生16:00~17:45
木曜日5・6年生2F16:30~18:40
金曜日3年生2F16:00~17:45

個別指導(幼児、小学生、中学生):相談の上、曜日・時間を決定

※小学生英語クラスは4年生から対象となります。

※個別指導は幼児、小学生、中学生を対象です。月曜~土曜日(15:00~20:00)講師に相談下さい。


名文の暗唱は、中学校の学習や受験に役立つということばかりでなく、日本語のリズムを体に刻み込むことであり、脳のキャパシティを広げることにつながります。さらに、それは、日本文化の継承となる価値がある国語教育だと思います。学力の基底は言語能力です。言語能力の豊かな子は成績も一般的に優れています。